Take It Easy!!

海外でフラフラしてるノマドの趣味ブログ。

【オーストラリアのコーヒーの種類まとめ】写真付きで紹介!(基本編)

【違いがわからないぃぃぃ!!!】

 

f:id:ippikiwannko:20191108223416p:plain

 

 こんにちは、海外でフリーランスをしているわんこです!

 今回は実際にオーストラリアに住んでいてカフェ巡りをしまくった筆者が、

オーストラリアにあるコーヒーの種類を超わかりやすく写真付きで紹介します!

 基本的な種類を紹介するので、もう基本は知ってるよ!って方は以下の変わった種類の紹介をしている記事を見てください♪

(*記事作成中)

 

 

オーストラリアのコーヒーの基本

 まず大前提として、オーストラリアのコーヒーはエスプレッソ(↓写真)というコーヒー豆から抽出されたとても苦くて凝縮された少量の液体を使って作られます。

f:id:ippikiwannko:20191108223604p:plain

 これだけを飲む人(後述)もいますが、

 少量ですあまりにも濃くて苦いので、日本人で好んで飲む人は少ないでしょう。

 とにかく、このエスプレッソというとても濃くて苦い液体を基に様々なコーヒーが作られると覚えておいてくださいね!

 

BLACK(ブラック)部門

 さて、まずはミルクが全く入っていないブラックコーヒーのご紹介です。

LONG BLACK(ロングブラック)

f:id:ippikiwannko:20191108223831p:plain

 こちらは日本でいうブラックコーヒーのことです!

 さっき紹介したエスプレッソという濃くて苦いコーヒーのもとをお湯で割ったものです!

 注ぎ方の順番で

 お湯にエスプレッソを注ぐとロングブラック

 エスプレッソにお湯を注ぐとアメリカーノ

と名前が変わるのですが、個人的にはそこまで味は変わりません。

 とにかく日本でいうブラックコーヒーが飲みたい!という方は、ロングブラックを頼めば問題なしです!

 

SHORT BLACK(ショートブラック)

 f:id:ippikiwannko:20191108223604p:plain

 こちらはさっき紹介したエスプレッソのみの飲み物です。

 あまりにも濃く、苦く、そして少量なので、頼む方は基本的にはいませんし、お勧めもしません。

 ですが、一度コーヒーそのものの味を感じてみたい!という方はチャレンジしてみてください(笑)

 

WHITE(ホワイト)部門

 さて、次はミルクが入っているコーヒーのご紹介です。

 ミルクが入っているコーヒーをまとめてホワイトコーヒーというのですが、ここでまた一つ知っておいて欲しい知識があります!

f:id:ippikiwannko:20191108225308p:plain

 基本的にホワイトコーヒーは先程ご紹介した、エスプレッソに温めたミルク(↑写真)を注いで作るのですが、空気を含んだミルクの多さによって名前が変わるのです!

 この空気を含んだミルクのことをフォームドミルクというのですが、

 フワフワで口当たりは良い反面、空気が多く含まれているのでルクの味はそこまで感じられないです。

 今から3つ紹介しますが

 違いはそのフォームドミルクの量だけです(笑)

 

LATTE(ラテ)

 いわゆるカフェラテですね。

f:id:ippikiwannko:20191108224820p:plain

 エスプレッソに温めたミルクを注いで作られているのですが、写真に注目!

 グラスの上から1cmほど色が違いますよね。

 この色が違う部分が、先程紹介した空気を含んだミルク、フォームドミルクです!

 このフォームドミルクの量が、グラスで提供した時に上から1cmくらいの量のものをオーストラリアではラテと呼べるのです!

(このフォームドミルクの量にこだわりを持つのがオーストラリア人!)

 

FLAT WHITE(フラットホワイト)

f:id:ippikiwannko:20191108225601p:plain

  続きまして、こちらはフラットホワイトというホワイトコーヒーです!

 こちらも先程紹介したラテと同じで、エスプレッソに温めたミルクを注いだものです。

 じゃあ、違いは何か!?

 空気の泡を含んだミルク、フォームドミルクの量の違いです。

 フラットホワイトはラテに比べてフォームドミルクが少ないんです。

 つまり、ラテよりもほんの少しミルキーなコーヒーということになります!

 (フォームドミルクは空気を含んでいてミルクの味が薄い

 フォームドミルクが少ない方が、ミルクの味は濃くなる)

 ラテよりもミルキーなコーヒーが飲みたい方はフラットホワイトを是非♪

 

CAPPUCCINO(カプチーノ)

 ホワイトコーヒー最後の一つはカプチーノです!

f:id:ippikiwannko:20191108230439p:plain

 カプチーノも先程紹介したラテやフラットホワイトと同じでエスプレッソに温めたミルクを注いだもの。

 違いはこの3つの中で一番フォームドミルクが多くて、口当たりがふっわふわということですね!

 また他の二つと違って表面にチョコレートパウダーを載せるのも特徴です♪

 

ホワイトコーヒーまとめ

 なので、代表的なホワイトコーヒー3つをまとめると

 (しゃびしゃび、ミルキー)

 フラットホワイト < ラテ 

    ラテ < カプチーノ

 (ふわふわ、濃い)

 こんな感じでエスプレッソにミルクを注ぐという点では同じでも、

 フォームドミルクの量によって、味や口当たりも少し違う

 ということです。

 是非、飲み比べしてみてくださいね!

 

まとめ

 ということで、オーストラリアにある超基本的なコーヒーの種類をご紹介しました。

 まずは今回紹介したものを全て網羅してほしいです!

(ショートブラックを除いて(笑))

 実はこの他にもたくさんの種類があるので、今回ご紹介した基本のメニューを制覇した方は↓記事から応用編をチェックしてチャレンジしてみてください!

(*記事作成中)

 

 

 こんな風に当ブログでがフリーランスで海外住みの筆者が趣味でいろいろな記事を投稿しております。

「教科書では習わない日常英会話」

 シリーズでは留学中の私が学んだ、教科書では習わないけど日常でよく使われるネイティブフレーズとても短く簡潔に紹介しています。

 気になる方はチェックしてみてください♪

↓おすすめ記事

www.ippikiwannko.work

 

 他にもフリーランスになった過程を連載シリーズで投稿していくので、こちらも良ければどうぞ!

www.ippikiwannko.work

 

 今回の記事が良いと思った方は是非↓の読者登録ボタンをぽちっとよろしくお願い致します!!

発音が悪いせいで伝わらない!?!?

 英語学習者の皆さん、発音の勉強もしていますか!?!?

 ・・・・・・?

 やっぱりしていない方が多いですよね。 ですが!!!

 事実、日本人の多くが正しい発音ができないために英会話に苦労している人が多いらしいです。(例えばLとRの発音ができないために、Rightと言っているのにLightと聞き取られてしまうなど。その他にもBとVの違いなどなど。)

 

 そんな発音矯正にとても役に立つのがフォニックスというトレーニングです。ネイティブ圏の子供たちが幼い頃から習う発音の方法で、私も下記の教本を一通り読むだけで前よりも発音が良くなりました。

 本当にここに書かれていることを少し意識するだけで、段々と

 ネイティブの人にも英語が伝わるようになったのです!

 本当に英語力を上げたいと思っているのなら、

 これは必ず読んだ方がいい一冊だと思います!

 リンクを張っておきますで是非チェックしてみてください♪

 

 

英語学習者必須アプリ!

 みなさん普段はどのように英語を勉強していますか?

 「日本にいて英語を話す機会がない。。。」

 「英会話に通いたいけどお金が。。。」

 そんな悩みを持たれている方に超オススメなのが、

この「スタディアプリENGLISH」!

 全ての機能が最初の7日間は無料で使えるので、まずは登録してみてください!

 

 ・今の自分の英語力を知ることができる!

 ・自分のレベルに合わせたレッスンをドラマ形式で楽しく!

 ・最短3分のレッスンで就寝前や通勤途中にも気軽に!

 ・発音を重視したスピーキングに特化したレッスンも!

 

 私も実際に使用していますが、リスニングも鍛えられますし、なんせ正しい発音をしないと次に進めないスピーキングのレッスンもお気に入りです!

 気になる方は、最初の7日間は無料なので、まずは登録して使ってみてくださいね!

 

それではわんこでした!

↓☆マークをぽちっと押していただけるだけで、とてもモチベーションに繋がるので良ければよろしくお願い致します!!

また次の記事でお会いしましょう♪

 では♪