全てに一石投じるブログ

国立大卒、超大手企業元社員で海外在住の筆者が、筆者にしかない独自の視線で海外留学や英語、就職活動や社会、ブログでの稼ぎ方など役立つ情報を発信します。

【ネイティブが使う表現】~brown nose~の意味。教科書では習わない日常英会話!!その3

「きたねぇ鼻だな~!!」

 ããã¡ã»ä¾¿ã®ã­ã£ã©ã¯ã¿ã¼

(↑この画像、今日の記事に関係あります(笑))

こんにちは、一匹わんこです♪

 今回は

「教科書では習わない日常英会話」

シリーズ第3弾です!!

(このシリーズでは留学中の私が日々学んでいる、日常会話でよく使われる生きた英語や面白い表現をとても簡潔に紹介していきます。第1弾をまだご覧になっていない方はこちらからどうぞ↓ 

ippikiwannko.hatenablog.com

第3弾は

 「brown-nose」

 です。

 意味は

「ごまをする

 という意味で動詞です。

つまり、

「自分の利益のために、相手の機嫌を取ろうとする」

という意味です。」

ちなみにbrownとnoseの間の-はなくすなら、brownnoseというようにくっつけると良いみたいです。

では、さっそく例文を挙げてみましょう。

 

例文

① I hate him because he always brown-nose his boss.

「俺はあいつめっちゃ嫌いやわ。だって、いつも上司にごますってるもん。」

 

② I don't brown-nose him. I just think he is incredibly talented!

「俺はあいつに媚びを売ってるわけじゃないねん。

 ただあいつがめっちゃ才能にあふれてるなって思うねん。」

 

ちなみにこの「brown nose」にerをつけると、

「brown-noser」

となり

「ごまをする人、お調子者」

という意味になります。

動詞+erで「~する人」となるのはご存知だと思います。

(play→player)

 

例文

① He is really a brown-noser.

「あいつはマジでごますり野郎や。」

由来

 この言葉の由来が面白いので紹介しますね。

brown-nose は直訳するすると茶色い鼻という意味ですが、これはごまをする人が相手のお尻にキスをするほど卑屈になれるという意味から来ています。

つまり、ごまをする人は相手のお尻にキスをして、相手のう〇ちがついて鼻が茶色になるよってことですね。

何とも言い難い由来ですが、意味を覚えやすくなるのでご紹介しました(笑)

 

まとめ

ということでまとめに入ります。今回の英語フレーズは

「brown-nose」  「brown-noser」

「ごまをする」 「ごまをする人」

という意味でした。

 覚えられましたでしょうか?

こんな風に当ブログの

「教科書では習わない日常英会話」

シリーズでは留学中の私が日常会話や洋画などで学んだフレーズをとても短く簡潔に紹介しています。

これからもゆっくり少しずつ紹介していきますので、続きが気になる方はぜひ↓の読者登録ボタンをぽちっとよろしくお願い致します!!

発音の矯正

 日本人の多くが正しい発音ができないため英会話に苦労している人が多い気がします。(例えばLとRの発音ができないために、Rightと言っているのにLightと聞き取られてしまうなど。)

 そんな発音矯正にとても役に立つのがフォニックスというトレーニングです。ネイティブ圏の子供たちが幼い頃から習う発音の仕方で、私も下記の教本を一通り読むだけでとても発音が良くなりました。リンクを張っておきますで良ければ是非チェックしてみてください♪


フォニックス〈発音〉トレーニングbook はじめての大人向けliveフォニックス! (CD book) [ ジュミック今井 ]

それでは一匹わんこでした!

↓☆マークをぽちっと押していただけるだけで、とてもモチベーションに繋がるので良ければよろしくお願い致します!!

また次の記事でお会いしましょう♪

 では♪