全てに一石投じるブログ

国立大卒、超大手企業元社員で海外在住の筆者が、筆者にしかない独自の視線で海外留学や英語、就職活動や社会、ブログでの稼ぎ方など役立つ情報を発信します。

【会社を辞めたら終わり?】新卒4か月で会社を辞めてからのその後と現在に至るまでの心境。

「敷かれたレールを壊した先にあるものとは?」

この記事は10分程で読めます

 å¥³æ§, 幸ç¦, æ¥ã®åº, ã·ã«ã¨ãã, ãã¬ã¹, ãã¼ã, èªç±, å¼å¸, åã³

 こんにちは、一匹わんこです!!
 今回の記事は

「会社を辞めたら人生どうなるのか」

といったことに焦点を当てて皆さんにご紹介したいと思います。

 

私が会社を辞めた理由が気になる方は以下の記事を読んでみてください!!

ippikiwannko.hatenablog.com

 

 

 

会社を辞めたら終わり?

  さて、よく「会社を辞めたら終わり」なんて言葉を聞きます。会社を辞めたら人生終わりなんて言われたら会社を辞めたくても辞められませんよね(笑) 今回の記事では、実際に超大手企業を4カ月で退職した私が、会社をやめてから人生は終わったのかを紹介したいと思います。辞めてからの心境や起きたことのご紹介です!!

 

 

家族との関係

 両親にはもちろん事前に辞めることを伝えて辞めましたが、その時にも少し反対はされていました。会社を辞めた後に実家に帰ったときはとても気まずく正直いずらかったです。正直私を見る目は厳しい冷ややかなものでした。無意識でしょうが、皮肉も言われたりしました。

 ですが、両親もその状況にも慣れてきたからかしばらくすると、皮肉なども言われ無くなりました。今私は留学をしているのですが、その資金も全て自分のお金で払っているため、両親も文句の言いようもなかったのだと思います。応援はされていないでしょうが、今では特に文句も言われていません(笑) 

 なので、会社を辞めたことで家族との関係が終わるということはないです(笑)

 

 

フリーターに

 会社を辞めた後、どうなったか。私はフリーターになりました。普通に会社を辞めたのならまた正社員で転職活動をしていたと思うのですが、辞めてから留学まで数か月間しかなかったので、フリーターという選択肢を取りました。

 そして、私はとある場所でパートアルバイターとして働くことになるのですが、そこでとても良い出会いができました。詳しくは書けませんがその職場はとても責任感が必要で、本当にアルバイトがすることなのか?と疑問に思うことも多々ある職場でした。ですが、その代わり時給も新卒1年目と同じくらい稼ぐことができる程高かったです。

 その職場ではこれまで私が関わったことのないようなバックグラウンド(高卒、専門卒、フリーター、転職複数回)を持った方もたくさんいて刺激になりましたし、本当に良い人に恵まれました。また、正社員ではなかったのですが、前職よりもやりがいがある仕事でした。

 私の社会人1年目のほとんどの時間をその職場でパートタイムワーカーとして過ごすのですが、前職で正社員として続けているよりも、より多くのことを学べましたし、成長できたと思います。尊敬のできる仲間もできましたし、自分がやりがいを感じられる仕事にも出会えました。

 ここで正社員になってみたいという思いもあったのですが、それ以上に留学への想いが強かったので、留学のためにそこも辞めました。もちろん留学で辞める前提の採用でしたので、前回とは違い円満退職です(笑)

 ここで伝えたいことは、人生どこで何と巡りあえるかわからないので、未来をあまり悲観的に捉えないでということです。フリーターになったからこそ得られたものもありました。

 

後悔はあるか。

 そんなわけで会社を辞職し、フリーターになり、フィリピン留学を終えて、今はずっとしたいと思っていた留学をオーストラリアでできています。

 結果から言うと、会社を辞めたことは自分でも驚くほど一回も後悔していないです。

 23年間なんの挫折もなく生きてきて、せっかく良い大学に入り、親の期待もある中、入社した大手企業を辞めるということは正直とても大きな決断でした。「会社を辞めたら人生終わる」という固定概念が脳裏にあったからです。また、辞めるかどうか数カ月悩んでいたのですが、その時考えていたのは、辞めてから後悔しないだろうか、ということです。

 そして、会社を辞めてからフリーターになり、今は留学中で、これまで何度も、「辞めなかったらどうしてただろう?」だったり「辞めなかった方が良かったのかな?」と考えました。

 ですが、驚くことに一度も辞めたことを後悔しませんでしたし、本当に辞めて良かったと思っています。もちろん会社を辞めて失ったものは多々ありますが、今会社を続けていることを想像しても、やっぱり辞めて正解だったと思えるので、その点に関してはとても良い決断ができたと思います。基本的に何事においても私は後悔するタイプなのですが、この件に関してはきっと私にとってよっぽど嫌な状況だったんだなと思います(笑)きっとそれは全て自分で下した決断だからということと何だかんだ今あを楽しく生きられているからだと思います。

 ここで伝えたいことは、数カ月悩んで自ら下した決断に後悔はないし、人生終わるということはないということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社を辞めようかと悩んでいる人へ

 さてそろそろこの記事も終盤に差し掛かってきました。ここでは私が、私と同じように会社を辞めようと悩んでいる方へ伝えたいことを箇条書きにまとめます。

 ①数カ月悩んでも答えが変わらないなら辞めても良いと思います。きっとそれがあなたの本心です。

 ②周りに迷惑がかかるとかは一切考えないでください。あなたの人生はあなただけのものです。

 ③辞めるのなら、事前に下調べはして(新卒の重要性、実務経験の重要性)、辞めたあとどうするかは少しは考えておきましょう。何も考えずに辞めるのは良くないです。

 ④辞めてもなんとかなります。死にはしません。計画があるのなら後は勇気だけです。

 ⑤やった後悔は年を経るごとに小さくなりますが、やらなかった後悔は年を経るごとに大きくなります。

 

まとめ

 それではこの記事のまとめに入りたいと思います。結論から言うと「会社を辞めても終わりません」

 会社を辞めた私は今とても幸せに生きています。もちろん将来が決まっていないことなどいろいろありますが、全て自分で考えて自分で下した決断なので後悔は一切ないですし、辞めた後もなんだかんだなるんですよね(笑)これからが楽しみという気持ちでいっぱいです。実際、会社を辞めたことが正しいか間違っているかなどは重要ではないのです。

 私が大好きなとある漫画のセリフを下記に引用させていただきます。

 

「正しい判断を下すこと。下そうとすることは大切だ、でも決してそれだけが全てじゃない」

判断が正しいか間違っているかなんて、その時には誰にも判らない

「だから、大切なのは判断の後。下した判断を正解にする努力(こと)たとえ下した判断で悪い結果を招いても、そこから何ができるか如何に足掻くかこそが大切なんだ」

「判断だけで決まるのなら、人生は賭け事になっちまう」

「自分の判断を信じろエマ。そしてそれでどんな結果が出ても前へ進め

 

 誰も未来がどうなるかなんてわかりませんし、選択に正解も不正解もないです。大事なのは自分の選んだ道をいかにして自分で輝かせようとするかだと思います。

 あなたの人生は他の誰のものでもない、あなただけのもの。

 その人生を輝かせるかどうかもあなた次第ということですね。 

 この記事が皆さんにとって、自分の納得のいく人生を歩まれる一つのきっかけになれば幸いです。

 

 

ブロガーおすすめ本

 実績も知識も全くなかった私が始めた当ブログですが、嬉しいことに毎日アクセス数も増え収益も出てきています。それは私がしっかりとブログに関する教本を読んでいるからです。以下に私がブログを始める際に参考にした超おすすめ本を紹介するので、是非チェックしてみて下さい。「アフェリエイト」「ASP」「SEO」「アドセンス」「記事の書き方」などなど初心者ブロガーは必読すべき1冊となっています♪ 

 

 

 

 このブログではこのように日常に感じたことの他、副業系や海外での日常、ネイティブが使う英語シリーズ、会社を辞めた感想など書いているので良かったらチェックしてみてください!↓の読者ボタンもぽちっとよろしくお願い致します。

www.ippikiwannko.work

www.ippikiwannko.work

www.ippikiwannko.work

 

発音の矯正

 日本人の多くが正しい発音ができないため英会話に苦労している人が多い気がします。(例えばLとRの発音ができないために、Rightと言っているのにLightと聞き取られてしまうなど。)

 そんな発音矯正にとても役に立つのがフォニックスというトレーニングです。ネイティブ圏の子供たちが幼い頃から習う発音の仕方で、私も下記の教本を一通り読むだけでとても発音が良くなりました。本当におすすめで英語学習者は必ず読んだ方がいい一冊です。リンクを張っておきますで是非チェックしてみてください♪

 

 

それでは一匹わんこでした!

↓☆マークをぽちっと押していただけるだけで、とてもモチベーションに繋がるので良ければよろしくお願い致します!!

ブログランキングにも参加中ですのでクリックお願い致します!!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

また次の記事でお会いしましょう♪

 では♪