全てに一石投じるブログ

国立大卒、超大手企業元社員で海外在住の筆者が、筆者にしかない独自の視線で海外留学や英語、就職活動や社会、ブログでの稼ぎ方など役立つ情報を発信します。

【会社を辞めたい新卒へ】私が超大手企業を新卒4か月で辞めた理由。

「親の敷いたレールをぶち壊した」

 (この記事は10分弱で読めます)

 こんにちは、大学卒業して新卒採用で超大手企業に就職するも4か月で退職した一匹わんこです!

 今回のこの記事は私が新卒4か月で会社を辞めた理由を綴っています。新卒社会人一年目の方や、今の会社を辞めようかなと考えている方などは下記の記事も含めて良かったらどうぞ!!

www.ippikiwannko.work

 

 

 

 

会社を辞めたい新卒へ

 会社を辞めたい。その感情は誰しもが抱くものです。ですが、この記事を読んでいるあんたは、まだ入ったばっかりなのにもう会社を辞めたいと感じてる自分はおかしいのか?と感じているかもしれませんね。

 感じ方は人それぞれですし、生き方も人それぞれです。周りのことは気にせず自分の人生は自分の生きたいように生きていいんだ、ということを大前提にこの記事を読んでいただけると幸いです。

 

自己紹介

 まず軽い自己紹介をしますね。

 私は中学受験をして私立の中高一貫校に進学。その後、国立大学に合格。浪人、留年もすることなく卒業し、超大手企業に就職。挫折なき人生を歩んできたのにも関わらず、その会社を4か月で退職した者です。

 その後フリーターを経験し、フィリピンへ一カ月の語学留学、その後はオーストラリアへワーキングホリデーで来ています。

 東大や京大という程ではないですが、まぁまぁのエリート街道を進んできて順風満帆な何不自由ない生き方をしてきた者といった感じでしょうか。そんな私がなぜ新卒で会社を辞めたのでしょうか。

 

幼い頃からの両親の教え

 洗脳というわけではないですが、幼き頃の両親からの教育は、その人の人格形成に大きく影響すると思います。私は幼き頃から良い大学、良い会社に勤めることが一番の幸せだと教えられてきました。教えられてきたというよりも、それ以外の選択肢はないものと誘導されてきたといった方が正しいでしょうか。実際、高校生になって成長してからの私も、それが幸せだろうと思っていましたし、疑いはなかったです。そのため疑うこともなく良い大学に入ることだけを考えて高校時代は生きていました。一度音楽の道へ行きたいと両親に訴えたことはあったのですが、猛反対され断念。まあそこで断念するくらいだったので、今思えばこの道で良かったのかなとは思います。実際、家出してまでやりたいことというのもありませんでした。

 

国立大学に進学、そして大手企業へ

 自分が本当にやりたいことがなんなのかなど真剣に考えもせず、ぼんやりと流れに任せて国立大学に進学。良い大学に入る。それが根拠もなく自分の人生において正解だと思っていたので、私にとって違和感を感じることもありませんでした。

 それと同じように、根拠もなく大手企業に就職するのが正解と思い込んでいた私は、一応いろいろな会社を見比べはしましたが、給料、福利厚生、会社の規模を見てここでいいかといった感じでとある大手企業に就職しました。

 

・その時の心情

 その時は、この大手企業で高収入と好待遇な福利厚生を享受し、当時数年付き合っている彼女と結婚し、何不自由なく幸せに暮らす人生だと思っていました。また、少なからず自分にもその企業でやりたい仕事というものもあったので、その企業で興味のある部署できつい仕事でもやりがいを感じながら働き、土日は家族と過ごす。そんな未来を想像していました。両親が望むような生き方で親孝行もできていたと思いますし、私も違和感や不満も感じていなかったです。

 

退職に繋がったきっかけ

 ではなぜ、その会社を辞めたのか。いろいろな要因があるので簡単には説明はできませんが主な理由を下記に記します。

①全く興味のない部署への配属

 一つ目は全く興味のない部署に配属されたことです。私の会社では一度その部署に配属されると定年退職まで40年間ずっとその部署と言われており、希望部署とは全く違う一番興味のない部署に配属された私は絶望していました。数年後転職するにしても、その部署のスキルしか身についていないので、転職しても他企業のその部署になるかもだしどうしよう。。。と

 ですが、何事もやってみないとわからない!!ということで、その部署配属を受け入れ、その部署に関係する分野を家で勉強したりと、気合を入れていました。

  ですが、いざその部署に配属され先輩の話を聞いたり仕事内容を見たり、自分が実際にしたりしても全く面白くない。。。やりがいもない。。。。勉強しても本当につまらない。。。これを自分は40年も続けるのか、これでいいのかと疑心暗鬼になり始めます。

 

②劣悪な人間関係

 私が配属された部署の方々の印象が最悪だったのも辞めた要因の一つです。配属され、元気に挨拶をしても顔をみて返答もなし。愛想もとてつもなく悪い。聞いても何も答えない。自分よりもはるかに年上の方たちばかりで尊敬の念を抱きたい気持ちがあったのですが、コミュニケーションが取れない方ばかりで難しかったです。一番嫌だったのが、挨拶をして聞こえているはずなのに無視ですね。これにはさすがに困りました。

 ですが、こんな状況でも、幼き頃からこれが正解だと信じてきた前述の幸せのためなら、頑張って働けるはずの私だったのですが、、、

 

③彼女との別れ

 上記の①や②のような状況でもなんとか頑張ろうという気持ちはありました。それは何故かというと、その当時の私には数年付き合っていて、結婚もするのかなと考えていた彼女がいたからです。その彼女のためなら頑張れる。そう思っていたのですがその彼女にあっさり浮気をされます(笑)

 もちろんそれだけが理由ではないのですがそれをきっかけにいろいろあり、別れることになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新卒4ヶ月で退職へ

①初めての挫折

上記の

①やりがいゼロ40年確定の部署、

②挨拶できない上司たち

③頑張って働く理由になる人との別れ

 

 これらをきっかけに

 プツッ、プツッ、プツッと

 これまで信じてきて、この通りなら大丈夫と思って歩んできた人生が全部一気にちぎれた感覚に陥りました。

 

 「自分はなんでこの会社にいるんだろう。」

 

 23年間で初めて感じた絶望というか、挫折というか、何とも言えない感情ですね。

 

②改めて自己を振り返る

 

 これらの出来事をきっかけに、自己を振り返ることになります。そして、そういえばこれまでの自分の人生における選択はいつも自分のことを考えず、周りのことを考えて決めてたなぁと気づき、情けなさを感じます。

 

「親が言ってるから中学受験」

「親が言ってるから、周りもそうだから良い大学を目指す」

「親が安心するから、周りもそうだから大手企業を目指す」

 

 もちろん全て自分で決めた選択であることには変わりません。ただ何かを選択するときに、自分のことだけでなく常に周りの人のことも考えていたな、と。。。

 本当に情けない話です。

 

③本当に自分がしたいことを発見

 そして、これまでしてきた多くのその情けない選択の中の一つに

 本当は留学に興味があるのに、付き合っている彼女を残すと悲しむだろうなぁという理由から大学時代に留学をしなかった、という選択があったことを思い出します。

 これも今思えば情けない話ですね。

 その当時は何も感じていなかったのですが、こういう状況になって本当に自分がしたいことはなんだったんだろうと考えた時にすぐに頭に思い浮かんだことがこれでした。

 

④決心

「もう周りの人のことを考えるのはやめよう。自分がしたいことをまず考えて生きていこう」

 

 こうして私は決心します。そして、今一番自分がしたいことはなんだと自問自答し、今からでもいいから大学時代できなかった留学をしようと決めます。

 こうして私はこれまで親が敷いてくれた高学歴→大手企業というレールをぶち壊す形を取り、とうとう会社を退職して留学を決意しました。

 

 これが私が超大手企業を辞めた理由です。

 

まとめ

 さて、今回の記事では、私が会社を新卒で辞めた理由について書きました。

他にも 

・後悔は?将来への不安は?周りの目は?

・お金の稼ぎ方ばかりを考える。(心境の変化)

・新たな出会い。

・やめようかと悩んでいる人へメッセージ

・今の心境

・辞めて良かったこと、悪かったこと

 

 などなど上記のキーワードも踏まえた記事もありますので、良かったらチェックしてみてください!

www.ippikiwannko.workwww.ippikiwannko.work

www.ippikiwannko.work

 

 

ブロガーおすすめ本

 実績も知識も全くなかった私が始めた当ブログですが、嬉しいことに毎日アクセス数も増え収益も出てきています。それは私がしっかりとブログに関する教本を読んでいるからです。以下に私がブログを始める際に参考にした超おすすめ本を紹介するので、是非チェックしてみて下さい。「アフェリエイト」「ASP」「SEO」「アドセンス」「記事の書き方」などなど初心者ブロガーは必読すべき1冊となっています♪ 

 

 

 

 このブログではこのように日常に感じたことの他、副業系や海外での日常、ネイティブが使う英語シリーズ、会社を辞めた感想など書いているので良かったらチェックしてみてください!↓の読者ボタンもぽちっとよろしくお願い致します。

www.ippikiwannko.work

www.ippikiwannko.work

www.ippikiwannko.work

 

発音の矯正

 日本人の多くが正しい発音ができないため英会話に苦労している人が多い気がします。(例えばLとRの発音ができないために、Rightと言っているのにLightと聞き取られてしまうなど。)

 そんな発音矯正にとても役に立つのがフォニックスというトレーニングです。ネイティブ圏の子供たちが幼い頃から習う発音の仕方で、私も下記の教本を一通り読むだけでとても発音が良くなりました。本当におすすめで英語学習者は必ず読んだ方がいい一冊です。リンクを張っておきますで是非チェックしてみてください♪

 

 

それでは一匹わんこでした!

↓☆マークをぽちっと押していただけるだけで、とてもモチベーションに繋がるので良ければよろしくお願い致します!!

ブログランキングにも参加中ですのでクリックお願い致します!!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

また次の記事でお会いしましょう♪

 では♪