全てに一石投じるブログ

国立大卒、超大手企業元社員で海外在住の筆者が、筆者にしかない独自の視線で海外留学や英語、就職活動や社会、ブログでの稼ぎ方など役立つ情報を発信します。

海外行く方は必見!!携帯解約する前の確認事項!!

「急がば回れ、まぁそんな急ぎなさんな」

 

こんにちは、一匹わんこです!!

今回の記事は、海外へ行く方が日本のスマホを解約する前に絶対に確認すべきことを綴っています。

留学やワーキングホリデーで海外に長期滞在をする予定がある方は、今日本で使っているスマホを解約およびSiMフリーにして、そのまま海外SiMを入れて使用しようと考えている人がいると思います。

ですが、安易にスマホを解約するのも危険です!

この記事を読んで、本当に自分は携帯を解約していいかどうかを確認しましょう。

 

 

1.SiMフリーの落とし穴

f:id:ippikiwannko:20190403232313p:plain

日本で使っているスマホの解約を考えている方は、きっとその携帯をSiMフリーにして現地のSiMカードを入れて使用するつもりだと思います。

お持ちの携帯をSiMフリーにする方法ですが、まずはご自分のスマホがSIMフリーにする条件に当てはまっているかを各契約キャリア(docomoやsoftbankのこと)のHPや店頭などで確認いたしましょう。

もし条件を満たしていればSiMフリーにする方法はいくつかあります。契約キャリアのマイページなどで簡単に家にいながらSiMフリーにすることもできますし、もちろん契約キャリアの店頭でもできます。

ですが、このSiMロック解除を行うのも解約前と解約後で手続きが変わってきますので注意です。

 

ここで注意してほしいのが

①店頭で行う場合お金がかかる場合があるということ

②スマホを解約してしまうとSiMフリーにする方法が店頭でのみとなってしまうということ

③解約済み製品のSiMロック解除の手続き可能期間が解除後〇日と決められていること

 

この通りスマホを解約してからだとSiMロック解除の手続きが若干面倒になるので、スマホの解約前に自分でSiMロック解除することをお勧めします。

 

2.解約日に注意

f:id:ippikiwannko:20190311215246p:plain

解約の注意点としては、解約を行えるのは店頭のみで解約した日からスマホは使えなくなります。

つまり、3月31日までスマホを使用したいのなら、3月31日にわざわざ店頭にいって手続きをする必要があります。

また、契約料金の日割り計算は行われないので、契約の締め日が末日なら、もし4月1日に解約をしても4月分の契約料金はMAXで請求されます。

なので、各自締日を確認して、その日に解約をすることをおすすめします。

末日までの分をMAXで請求されても良いのなら、ご自分が使いたい日まで使ってその日に店頭で解約手続きをしましょう。

 

3.解約する前にすること

もう海外に行くし日本での電話番号いらないやってことですぐ解約するのは辞めてください!!(笑)

海外についてすぐ現地の電話番号を契約するのであれば問題ないかもしれませんが、もしそうでないならしばらくの間、電話番号を持っていない状態は何かと不便になる場合があります。

なぜなら使用するのに電話番号登録が必須のアプリなどもあります。

例えば海外でuberというタクシーのアプリを使うのなら電話番号登録が必須なので解約前にインストールしておく必要がありますし、その他にも電話番号登録が必要なアプリはたくさんあります。

解約前に電話番号が必要なアプリやWEBサイトなど今一度確認しておきましょう。(uber,Grab,Tinderなど)

 

4.そもそも解約の必要がない可能性

f:id:ippikiwannko:20190313231559p:plain

まず大前提として携帯を解約する時が更新月ではなかった場合は違約金がかかります。だいたい一万円くらいです。

この場合、解約せずに電話番号お預かりサービスを利用するのも一つの手です。

電話番号お預かりサービスとは、解約はせず月500円ほどで今使っている電話番号をキャリアに預かってもらうサービスです。もちろんそのサービス中は日本での通信などはできませんが、SiMフリーであれば海外で現地SiMを入れて使用できます。なんといっても日本に帰ってからこのサービスを解除すると、以前使っていた電話番号をそのまま使えるのがいいですね。

某キャリアでのこのサービスはだいたい手続き料3000円+月500円×預ける月数となります。もし一年ほどで海外から帰ってくるのなら、解約するよりもこちらの方が安い場合があります。

違約金:1万円>お預かりサービス:9000(手続き料3000円+月500×12)

 

f:id:ippikiwannko:20190403232433p:plain

ですが、この電話番号お預かりサービスにも注意点はあります。このサービスは預けている期間は携帯を契約していることにはならないので、次回の更新月はお預かりサービスを解除してからまた続きから始まるというところです。

例えば次回の更新月が一年後の場合、お預かりサービスを使っている間の一年は適用されず、更新月は解除してから一年後となります。

解約にするかお預かりにするかは値段や更新月のことも考えて自分に合った方を選びましょう

二年行くかも、とか滞在期間延長するかもと不安な方は解約がおすすめです。

 

5.まとめ

いかがだったでしょうか。留学やワーキングホリデーに長期で行かれる方は携帯を解約する方が多いと思いますが、携帯を解約する前に確認するべきところはしっかりと契約キャリアに確認を取ってから解約をしましょうね!!

 

長期滞在が決まっている方は、①SiMロック解除を自分で行って、②電話番号が必要なアプリなどは先にインストールを済ませて、③締日ギリギリや出発ギリギリまで使用して、契約キャリアの店頭にいって解約手続きをすることをおすすめします!!

 

それでは一匹わんこでした!

これからも海外情報などを発信していきますので気になる方は↓のボタンをぽちっとして読者になっていただけると嬉しいです!