全てに一石投じるブログ

国立大卒、超大手企業元社員で海外在住の筆者が、筆者にしかない独自の視線で海外留学や英語、就職活動や社会、ブログでの稼ぎ方など役立つ情報を発信します。

圧迫面接?高学歴大出身者が就活面接について語る!

就職活動の面接」
 ç·, èåç», 大人, 人, é¡, ã¯ã, ã«ã¸ã¥ã¢ã«, ãã¸ãã¹, ãªãã£ã¹

 こんにちは、一匹わんこです。今日は就職活動で100回以上の面接を受けてきた私が、就職活動の面接について記述したいと思います。

 

1.面接はそんなに怖いものでもない
 同じ面接といってもたくさんの種類があります。面接と聞いて皆さんが想像するであろう会社で行われる堅苦しいものから、カフェで行われるものなど様々です。もちろん場所的な意味で言うとカフェの方が落ち着きますが、結局どのような面接になるかは面接官次第です。面接官もとても優しい面接官から、とても意地悪な面接官などいろんな面接官がいますが、意地悪な面接官もそんなにたくさんいないので安心してください。数をこなして慣れたら、案外楽しめるようになると思います。

2.雰囲気と結果は一致しない。  
 私は就職活動で様々な業界の採用面接を受けてきましたが、面接の雰囲気も様々でした。ですが、いえることは、面接の雰囲気と合否結果は必ずしも一致しないということです。私が受けた面接の中でとても怖い面接官で説教をひたすら受けたようなものもありました。

 しかし、絶対落ちたと思いましたがまさかの合格。逆に終始とても穏やかな雰囲気で手ごたえを感じた面接で落ちたこともあります。

 就職活動とはそういうものです。なので、面接中に雰囲気が悪くなったり、手ごたえを感じなくても、気にせず最後まで頑張ってください。結果が出るまで何が起きるかわからないのが就職活動でもあります。


3.まとめ

 いかがだったでしょうか。就職活動を間近に控えた方は、面接というものを怖いものというイメージを持っている方も多いかもしれません、ですが、場数を踏めば慣れますし、圧迫面接だとしても毅然とした態度で臨むことをお勧めします。上述いたしましたが、何が何が起きるかわからないのが就職活動でもあると思います。就職活動の変異さに踊らされることなく、気にせず自分のペースで頑張ってくださいね!

 それでは一匹わんこでした!読者になっていただける方は↓のボタンをぽちっとよろしくお願いいたします!