全てに一石投じるブログ

国立大卒、超大手企業元社員で海外在住の筆者が、筆者にしかない独自の視線で海外留学や英語、就職活動や社会、ブログでの稼ぎ方など役立つ情報を発信します。

学歴フィルターの闇と本当の意味。高学歴大出身者が暴露します。

恐怖!!学歴フィルターの本当の意味。。

f:id:ippikiwannko:20190610201110p:plain

こんにちは、一匹わんこです。

 大学3年生の方はそろそろ就活に対する意識が芽生えてきた頃でしょうか。
今回の記事は、高学歴(といっても東大レベルではなく世間一般で見るとという意味です)出身者の私が就職活動中に実際に知った学歴フィルターの闇についてお話ししたいと思います。
なお、全ての企業に当てはまるということではないので、その点はご了承ください。

 

 

 あの出来事は、私が大学3年生の3月のことでした。
 3月に企業エントリーが解禁し、企業説明会やらセミナーやらのイベントが盛んな時期ですね。これらのイベントの予約は企業の採用HPで予約をします。
 このHPでこの日のイベントはまだ空いてるよ、満員だよというのがわかり、それを見て予約をするのですが、ここで事件が発生しました。
 過去に参加したインターンシップで知り合った他大学の学生と一緒に参加しようということで、各自スマホでHPを確認していると、私の画面には全ての日程が空いていると表示されているのにも関わらず、彼女の画面には全ての日程が満席と表示されていました。

 


 私は一応全国的にも名は知られている大学。ですが彼女の大学は地方でしか知られていない大学でした。

 つまり、企業側は就活生の大学名によって空席、満席表示をシステムの設定で変えているということです。。。
 HPを見る際に、最初に就活生は大学名など個人情報を登録するので、そこで企業側はシステムで判断しているのだと思います。

 


 学歴フィルターは書類や面接で、ある一定のレベルの大学の人を落とすという意味合いもあるのかもしれませんが、なんとシステム上でもフィルターをかけていることがわかり驚きました。
 ちなみに彼女や私とはまた違う大学の人にも同じHPを見てもらうと、確かにある一定のレベルより偏差値が低い大学の就活生の画面には全て満席表示が、、、、
もちろんこれは全ての企業ではなく、私が就活中に出会った某大手メーカーの1社だけですので、そこまでの影響はありませんでしたが就活の闇を感じました。

 

 まとめますと、学歴フィルターはシステム上のフィルターもあるということ。
就活は学歴で判断されることもやはりあるということです。

 ですが、そのようなことを気にしていても解決はしないですし、みなさん個々人にあった企業は必ずあります。
就活生の方は頑張ってくださいね!

 

それでは一匹わんこでした。
読者になってくださる方は下のボタンをぽちっとお願いいたします!